<< 桃花祭の厳島神社 康頼灯籠と卒塔婆石 | main | 雅楽を奏でる楽房はいかが? >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    客神社から本社へ 高舞台は準備OK

    0
       

      (^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿







      りんご線


      神社桃花祭の厳島神社 舞楽の前に・・
      康頼燈籠と卒塔婆石はトイレの近くにあります

      さて、客神社にもどって儀式を見ていました。儀式のため撮影禁止です。

      客神社客神社 神々の系譜

      客神社<摂社>には、
      天忍穂耳命 天穂日命
      天津彦根命 活津彦根命
      野夫須美神又は
      熊野櫞樟日命

      が祭られています。

      天照大神と素盞鳴尊が誓約をした時、天照大神の八尺勾玉を天真名井の水で清め、素盞鳴尊が噛み砕き、それを吹き出すとその息から、正哉吾勝勝速日
       ぴかぴか天之忍穂耳命、天穂日命(あめのほひのみこと)、天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いくつひこねのみこと)、野夫須美神又は熊野櫞樟日命(くまぬふすびのみこと)という五柱の神々が生まれたそうです。

      客神社での儀式が終わり、神官さん達は次の儀式を行う本社に移動されました
      移動中です本社前の手水鉢です

      鏡の池 客神社の脇にある池です。
      鏡の池中から清水が湧き出ています。
      池に映る月は厳島八景の一つ。
       
      みやしろにかくる光も
      くもりなきかがみの池に
      すめる月影 
      宣阿

      門客神社門客神社

      火焼前の両側にあり、
      門をつかさどる神様
      西:豊磐窓神・東:櫛磐窓神
      をおまつりしいています。

      御本社に向いています。


      火焼前(ひたさき):中央の突き出た部分で、
      昔は祭典の際に左右にかがり火を焚いたそうです。
      火焼前祭典の際、宮司さんの通り道

      桃花祭は、室町時代に桃の花を供えたのが始まりだそうです。
      今日は高舞台から御本社祓殿を通り御本社神前に宮司さんが献花されます。
      御本社から見た御本社祓殿
      御本社祓殿から見た御本社

      暗くなるのでろうそくに火を付けて準備されています。
      桃の花が高舞台に用意されました。明日から神能もはじまります。
      ろうそくに火を付けます
      桃の花を準備しています高舞台の桃の花

      (^^)/ 明日から平成23年 桃花祭御神能があります。
      能舞台【初 日:喜多流】 十六日
      午前九時頃〜終わるまで
      【二日目:観世流】 十七日
      午前九時頃〜終わるまで
      【三日目:喜多流】 十八日
      午前九時頃〜終わるまで


      今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています



      (^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

      毎度(^○^)ありがとうごさいます


       (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 

       いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

      メイドさん

       

       




      (^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪
      寄鍋もどき * 宮島の行事 * 19:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 19:42 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ