<< 江戸の封じ絵が楽しい 町屋通り | main | 渡れるかな? 火渡り神事 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    柴灯護摩供 火伏せの法 煩悩が燃えていく

    0

       

      (^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿







      りんご線


      火火伏せの法!わたれるかな  宮島 観光写真で案内 
      柴灯護摩共火渡り神事が宮島大聖院境内で始まりました。
      弘法大師の弥山での修行以来1200年間燃え続けている「消えずの霊火」から移された霊火を炉壇に点火すると、檜の青葉は白煙を上げて天に昇り、
      やがて火柱となりました。(諸願成就、息災延命、家内繁栄)
      柴灯護摩共火渡り神事
      特別護摩木 1本2千円【特別宝剣授与】 普通護摩木 1本300円
      *昼食(山菜おこわのおにぎり2個とお茶)の接待と
      御祈祷・護摩木申込者には三鬼大権現神酒の授与があります。

      願い事と名前を書いた護摩木を護摩壇の炉に投じます。
      護摩壇は三鬼権現様の智慧の炎が立ち上り、所願成就を祈念します。
      太鼓がたたかれリズムに合わせてお経があげられ、ホラ貝が吹かれて・・・・
      錫杖の輪を鳴らし、場が盛り上がります。私も般若心経を一緒に唱えました。
      護摩木を入れます太鼓をたたいておられます

      護摩壇炉は燃えています護摩木をいただきます
      太鼓代わります
      お経を唱えます
      炎を見つめています
      ホラ貝吹いています柴(しば)を使いますあせび

      煙が・・・暑い!時々アセビの近くに行き遠くから見守りました。
      護摩木が燃えた頃を見計らって護摩壇は崩され、火渡りの場が作られます。
      柴(山に生えている小さい雑木)の葉を使い周りを掃いているようでした。
      まずは大導師が渡ります。準備されていました。
      大導師です
      渡る準備をしています
      準備OK
      宮島弥山を守る会 

      和尚様のブログ 


      「お火加持」(念数)が行われます。自分の大切なものを御護摩の火にあて三鬼権現様のご利益をいただくことをいいます。揺らめく炎は、そのものを清浄にすると共に大切にする心を呼びさまし、更には本来備えている働きを存分に発揮させる御利益があります。私もリックをお願いしました。
      お火加持お火加持


      今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています



      (^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

      毎度(^○^)ありがとうごさいます


       (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 

       いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

      メイドさん

       

       




      (^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

      寄鍋もどき * 宮島の行事 * 08:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 08:38 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ