スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    見ごろを迎えた紅葉谷公園 今年は長く紅葉が楽しめるのかな?

    0
      2011年11月3日 朝早く宮島に行くつもりが・・・寝坊しました。
      JRの電車に乗って夜明けを迎えます。朝焼けが綺麗でした。
      JRの車窓から日の出が見えた。きっと宮島でみたらもっときれいなんだろうな?

      見ごろを迎えた紅葉谷公園 今年は長く紅葉が楽しめるのかな?
      わくわくしながら宮島に向かいました。フェリーから雲に隠れる太陽が見えた。
      そして・・・太陽は隠れてしまい、風が吹いて寒い! 岩惣旅館前もみじ橋を振り返ると?

      岩惣旅館前のもみじ橋は今が紅葉の見ごろのようです。
      きっと朝早いから空いているだけ・・・・
      午後になればカメラを持った多くの人で賑わうのでしょうね。
      もみじ橋

      もみじ橋を渡り、階段を上がったところに四宮神社があります。
      ここは紅葉が綺麗なところです。そして夕方歩いていると?
      小鹿に出会う事もあります。この辺(奥)で出産してるのかな?

      周辺には紅葉したもみじが色鮮やかです。
      ここ綺麗、ここも・・・どうやって写真撮ればいいのかな?
      あれこれ考えながらも、もみじの写真を撮るのも楽しい。
      四宮神社
      四宮神社
      四宮神社


      夕方に歩いていると・・・キューン キューン鹿が鳴く。
      振り返ると鹿がいる。それなのに?鹿に会いませんでした。
      紅葉の季節、生活かかっている鹿さんは?お食事中ですかね。

      紅葉を楽しみながらお弁当を食べると?何処から来たの・・・
      茂みの中でどんぐり食べてるのかな?鹿が出てくる所です。
      もみじ茶屋


      もみじ茶屋が近くにあります。真っ赤に紅葉した紅葉があるところです。
      日当たりがいいのでようか?今年も赤く色づきました。
      三脚と高そうなカメラを持った人たちが思い思いに写真を撮っています。
      もみじ茶屋には池があり、大きな鯉が優雅に泳いでいます。
      鯉の餌を茶店で販売しています。観光客が餌をあげて楽しんでいました。






      寄鍋もどき * 宮島の秋 * 22:45 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      宮島の朝 太陽の光りを浴びて 輝くものは何?

      0
        2011年11月26日 朝早く 宮島に行きました。
        町屋通りを歩いていると・・・季節の花がお出迎え
        朝の太陽光線で光り輝き きらきらしていてとっても綺麗。
        旅館の前五重塔

        厳島神社は朝早くから 修学旅行や宿泊客のお参りで賑わっています。
        そして・・・連れてきてもらったお散歩中のわんわんも嬉しそう。
        お散歩わんわん


        先日訪れた 荒胡子神社に行ってみました。
        荒胡子神社

        屋根には千木(棟の上部で十文字に組んだ木)と勝男木(2尺位の丸い木)
        厳島神社ではこの建物だけに見られるそうです。

        荒胡子神社

        本殿は漆に朱を混ぜた本朱漆塗り
        かえる股

        破風下には極彩色の火焔宝珠を唐草で包んだカエル股があります。
        胎内の絵様のようです。左右対称を中心でわずかに崩してある。

        (・・? 火焔宝珠(如意宝珠)は、あらゆる願いを叶える宝の玉です
        宝珠は「摩尼宝珠」あるいは「如意宝珠」ともいわれ、
        仏像やお地蔵様が手にしている、球形で上部が尖っている珠が宝珠です。
        仏像が持つ球形〜球に近い形の珠はすべて如意宝珠と呼ばれます。

        宝珠は心の中で思い描いたものをすべて与え、あらゆる願いを叶えるもの。
        あらゆる願いを叶える不可思議の功力をそなえた玉なのだそうです。

        空海の教えでは、「自然の道理にして如来の分身」である。
        経典では「宝珠を持っても心が清浄でなければ、仏の声を聞くことはできない」
        持つ人の心根の大切さを説いています。

        §^。^§ 美しく心を磨き、努力を怠らずに徳を積みなさい。
        どのような困難に直面しても、乗り越えて願いを叶えることができる


        もみじ橋

        宮島の自然はすべてが神仏の教え。
        人の手により作られた、優美や贅沢を極めた貴族文化の京都の庭園の紅葉に対して
        宮島の紅葉は自然を教える、背の高いの 葉の綺麗なの、色付きがいいもの・・・
        さまざまな紅葉の木は 法華経に書かれている草木の教えを説いている。

         §^。^§ ありのまま、そのままでいいんですよ。
        太陽は同じようの照らしているなのに、成長は同じではない。
        個性的でよい、そのままでよい。持っているものを生かして共存共栄しなさい。
        それがあるべき姿。みんなで助け合い、支えあい、ともに栄えよ。

        早く色づいたもみじは、早くその場に来た人を楽しませる。
        遅く色づく紅葉は、その時にしか訪れることができなかった人を楽しませる。
        不運にも綺麗に色づくことなく散った紅葉は、しっかり栄養を付け来年に・・・
        紅葉の葉を利用する微生物の餌となり森を豊かにすることの役に立っている。
        何気ない 自然のリサイクルが今もおこなわれている。



        JUGEMテーマ:宮島に行こう


        寄鍋もどき * 宮島の秋 * 15:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        荒胡子神社のお祭に行ってみよう

        0
          2011年11月20日は荒胡子神社のお祭りです。
          この日、1日だけしか見られない神社の御祭。
          荒胡子神社

          重要文化財 荒胡子神社
          御祭神 スサノオノミコト 事代主神
          仁安3年(1168年)の古文書に江比須とあるが この神社の前身と思われます。
          現在の本殿は嘉吉元年(1441年)再建されたものです。

          この場所は、江戸時代には大願寺の子院金剛院があり、

          この荒胡子神社は境内の胡子堂だったそうです。

          荒胡子神社雅楽(笛)御神酒

          鯛の絵雅楽の録音が流され
          厳島神社の神官さんが来られ、
          祭壇に御供えが飾られ、
          祝詞が上げられ、お祓い、玉ぐし・・
          神官さんの笛の音にうっとり

          私もお祓いを受け、
          御神酒をいただきました。
          今年も鯛の絵を買ってきました。



          (゜o゜) 本殿は、漆に朱を混ぜた本朱漆塗り、
          破風下には極採色の火焔宝球を唐草で包んだかえる股。
          左右対称をわずかに中心でくずしてある。
          荒胡子神社

          屋根には千木(棟の上部で十文字に組んだ木)と勝男木(2尺位の丸い木)
          厳島神社ではこの建物だけに見られるそうです。
          しめ縄

          商店街や大町周辺にはしめ縄が張られ、
          多くの方がお参りし、お祓いをいけておられました。

          来年から 大河ドラマ”平清盛”がはじまり観光PRが・・・
          そして清盛関連グッズの販売がはじまりました。
          清盛コーヒー
          もみじ饅頭のやまだ屋さんに清盛コーヒー
          そして 宮島口のもみじ本陣にもたくさんの
          お菓子やグッズの販売が始まっています。


          紅葉の四宮神社



          宮島は紅葉の季節、これから大勢の観光客で賑わいます。


          JUGEMテーマ:宮島に行こう


          寄鍋もどき * 宮島の秋 * 00:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          宮島の二十日胡子と紅葉の大聖院

          0
            2011年11月20日 えべっさん最後の日、宮島は荒胡子神社のお祭りです。
            そして毎年、この時期に大聖院のもみじ祭りがあります。
            いいお天気でした。朝9時40分頃にフェリーに乗り宮島へ向かいました。
            大鳥居

            宮島桟橋に到着すると・・・お祭が気になります。荒胡子神社に行きました。
            まだ、準備中!11時から祭典があるそうです。時間つぶしに紅葉狩りへGO!
            まだ お祭の準備中

            もみじ谷へ向かう道、焼き栗屋さんの前には行列ができていました。
            焼き栗に行列

            ロープウェイ乗り場に向かうバス停の前にも行列ができています。
            ロープウェイは整理券を配る位の混雑が予想されます。
            親子で弥山に行く方も多いようですね。
            ロープウェイに乗りたい

            少し歩けば 岩惣旅館前のもみじ橋です。紅葉が綺麗になりました。
            もみじ橋


            今日は、大聖院のもみじ祭りです。紅葉はいかが?
            大聖院へGO大聖院の階段

            紅葉は今が見ごろをむかえているようです。この時期イベントがあります。
            五百羅漢

            この時期、大聖院では、11/23にはコンサートやお茶会¥600などあり賑わいます。
            紅葉の大聖院

            わー!綺麗。カメラを手に大勢の人が写真を撮っていました。


            JUGEMテーマ:宮島に行こう

            JUGEMテーマ:宮島に行こう


            寄鍋もどき * 宮島の秋 * 23:58 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            厳島神社で千僧供養 返答は舞楽で!

            0
              千僧供養法要(全真言宗青年連盟第32回結集大会)
              平安時代に行われた「千僧供養」が再現されました。真言宗僧侶 による勤行です。
              日時:11月9日(水) 11: 00〜12:00. 場所 宮島厳島神社 祓殿
              厳島神社で千僧供養 行道 お経 がありました。
              楽房

              舞楽 ”蘭陵王”が奉納されました。
              蘭陵王蘭陵王

              なんか?いろんな方向から写真を撮ることができました。
              蘭陵王蘭陵王

              厳島神社の本殿 御賽銭箱の近くに行ってみました。いいのかな?神様目線?
              払殿神社本殿側から

              千僧供養の行事の最中ですが、七五三のお参りにこられた方がいらっしゃいました。
              七五三のお参り

              神主さんの後ろから見てみました。違う角度から見た祓殿です。
              神社側から千僧供養

              千僧供養の行事が無事に終わり、僧侶の退場がはじまりました。
              チーン!鐘に続き、僧侶が行道してゆきます。
              退場がはじまりました

              僧侶の行道

              (・・? 見てはいけないものを見てしまった
              お面をとった蘭陵王行事が終わった神職さん

              拾った散華は8種類 裏には(^^)/ 
              散華は8種類散華の裏

              散華
              砂浜に落ちた散華は?
              水に溶ける紙でできてるから
              だんだん透明になってる
              きっと潮が満ちたらなくなるのでしょう
              寄鍋もどき * 宮島の秋 * 15:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              厳島神社で千僧供養 お経がはじまりました

              0
                千僧供養法要(全真言宗青年連盟第32回結集大会)
                平安時代に行われた「千僧供養」が再現されました。真言宗僧侶 による勤行です。
                日時:11月9日(水) 11: 00〜12:00. 場所 宮島厳島神社 祓殿
                厳島神社で千僧供養 行道が始まりました。
                厳島神社祓殿の指定場所に僧侶が座り、雅楽隊は左の楽房へ行かれました。
                3−1

                行道の過ぎ去った所には散華があります。欲しい!見てました。
                柵が取り除かれ、イザー! 大急ぎで拾い集めました。神社にとってはゴミになる。
                拾っていただいて大助かりといったところのようです。地面に落ちているのは?
                水に溶ける紙でできているようです。透き通って溶け始めているようでした。

                はじまりました厳島神社祓殿ドラの合図

                ドラが鳴り、祓殿では大勢の僧侶により お経がはじまりました。
                日蓮宗の声明と違い、淡々と読み上げられるようなお経です。
                代表者のご挨拶

                ここでどんなお話が・・・紹介したいのですが?
                私は傍にいた方と話をしていたんです。息子さんが僧侶で参加されてそうです。
                そのうち何処かで発表されるでしょうからリンクを貼りますね。
                終わりました

                これから舞楽があるそうです。位置移動することになりました。
                うろうろしながら写真を撮ってきました。その方が好都合ラッキー!
                あら?何見てるのかしら

                僧侶の方は白い紙をみています。ちょっとカンニングしてみました。

                (*^_^*)ここは神社ですから、お経の最中にもお参りされる方がいる。
                観光客も光景を眺めて通り過ぎる方もいらっしゃいました。
                そして七五三の着物を着た子供さんもいらっしゃいました。
                 何?してるのかな 興味シンシンみんな光景を見ておりました。
                寄鍋もどき * 宮島の秋 * 15:08 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                厳島神社で千僧供養 行道が始まりました。

                0
                  行事予定表を見ていたら?11月9日に厳島神社で千僧供養がおこなわれる。
                  それも真言宗です。厳島神社の祓殿で行われるようです。これは?・・・
                  平清盛の関係のイベント?あれこれ考えて行きました。
                   宮島桟橋に到着したのは11時からなのに15分前でした。急げ!
                  僧侶に出会った

                  町屋通りを抜け、塔の丘のトンネルをくぐり厳島神社へ行こうといたら
                  僧侶の行列に出会いました。10時55分頃だったと思います。
                  11時から僧侶は厳島神社に入場されるようです。受付へGO

                  いよいよ入場はじまった

                  いざ!カメラを向けて 傍に歴史に詳しい方がいらしていろいろ教わりました。
                  この方が偉い方で・・・何を聞いたのか?ごめんなさい。忘れてしまいました。
                  とにかく最初で最後かも?悔いのないように写真撮ってきました。
                   僧侶の先頭の方が進もうとしたら?神社の方が「11時5分からです。」
                  ちょっと足止めされていました。そして雅楽が先頭について 僧侶が続きました。
                  先頭は 雅楽ゆっくり進んでいきました

                  神仏共同の行事が始まりました。なんかすごい。
                  厳島神社の回廊を行道

                  お世話係りの僧侶の方に今日は何人参加されているのですか?と聞きました。
                  (^−^)「僧侶方だけで150人です。たくさんは入れませんから」
                  僧侶の長い列が続きます

                  なんとなく夢を見ているみたいな気分です。神仏分離から・・・・何年?
                  雅楽隊厳島神社の回廊

                  平舞台へ雅楽が先頭を歩きます。僧侶があとに続きます。
                  平舞台へ

                  僧侶は散華を撒かれ歩いておられました。すごい光景が目の前にあります。
                  (*^_^*) あの、散華が欲しい。拾いに行こうと思いました。
                  散華が撒かれましたすごい僧侶の数です

                  一番後ろの方を歩かれておられる派手な衣の方が導師様でしょうか。
                  行列の最後は?

                  行道は雪駄を脱いで高舞台から祓殿へと入場して行かれました。
                  導師様僧侶は祓殿へ
                  寄鍋もどき * 宮島の秋 * 20:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  秋色の宮島を楽しもう

                  0

                    秋色の宮島大元公園は11月末頃がおすすめ
                    現在は国民宿舎「杜の宿」が建っている場所は、以前『宮島ホテル』があったところです。
                    宮島ホテルは広島平和公園の原爆ドームを設計した人:ヤン・レツル(チェコの建築家)が設計したものでした。宮島観光を楽しむ外国人専用のホテルだったそうです。昭和20年以後連合軍に接収され、昭和27年に焼失しました。
                    木比谷園地木比谷園地の撮影会

                    国民宿舎「杜の宿」のすぐそばお庭のような場所に木比屋谷園地はあります。
                    (*^_^*) 宮島の紅葉が見たくて去年通いました。
                    2010年11月20日 木比谷公園から大元公園へ 
                    2010年11月20日 大元公園から駒ケ林へ 

                    2010年11月25日 木比谷公園から大元公園 
                    2010年11月25日 大元公園から紅葉谷

                    2010年11月29日 木比谷公園(最高) 大元公園
                    カメラを持った方たちがモデルさんと一緒に来ていました。
                    撮影会?カメラ教室?先生がいて指導されているようでした。

                    鹿の親子

                    鹿さんは草を食べて大きくなります。植物は食べられないように食物繊維で身体を守っています。植物の身体を消化できるのは地面の落ち葉などを分解する微生物です。鹿さんの胃袋は4つに分かれていて、特に最初の胃袋の部屋には細菌・真菌(かび)・原生物などの微生物が1g中に数百億個住んでいるとか。微生物も餌として餌を食べれるのですね。微生物は消化酵素で植物を変化させます。そして鹿さんのエネルギーができるんです。そしてさらに、鹿さんは未消化の食物をもう一度口に戻して噛み直し唾液で胃の中を中和させて分解するそうです。鹿さんの食べ物の8割が微生物になるそうです。
                    生まれたばかりの鹿さんは微生物を持っていない。
                    母親が小鹿をなめることにより、必要な微生物が小鹿に受け継がれるそうです。

                    (^^♪ 撮影会の餌はサツマイモなのだそうです。
                    あらん落ちこぼれ?餌をもらって鹿さんの写真を撮っている方がいました。
                    モデルさんより 鹿の方が好きなのでしょうかね。

                    大元公園

                    大元公園
                    (^O^)/ 秋色宮島ウォーキング 
                    「info.表参道」0829-44-1935
                    専門員が案内する 紅葉狩りウォーキング。
                    11/27、11/24、12/1 募集定員15名 
                    参加料¥1500(昼食付)
                    *10:00出発〜13:00頃帰着予定 
                    ★電話で応募!申込の先着順

                    フォトウォーキング 11/29 
                    参加費¥1000 募集定員20名
                    8:15出発〜12:00頃帰着予定 
                    *カメラと三脚は持参です。
                    プロのカメラマンが指導してくれます。
                    ★電話で応募!申込の先着順
                    「info.表参道」0829-44-1935

                     

                    寄鍋もどき * 宮島の秋 * 11:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    大願寺の柴灯護摩法要と火渡り神事

                    0

                      毎年この頃(11/3)にCGCの宮島ゴミゼロウォークがあります。(去年はフジ主催)
                      5kmと10kmと2コースあり、折り返し地点でスタンプをもらい自由行動。
                      この日私は5kmのコースに参加し11時スタート、12時ごろ折り返し地点、
                      スタンプをもらって大願寺へ向かい、御接待をいただいてゴールしました。
                      しっかり参加賞などいただいて大願寺へもどり火渡り神事をしてきました。
                      御接待

                      (^^)/ 御接待で私がいただいたココアともみじ饅頭です。
                      飲み物はお茶、コーヒー、抹茶オーレなどインスタントがあり、
                      好きなのを選べます。もみじ饅頭も藤い屋さんの本日出来立てあったかいの
                      と、やまだ屋さんのいろんな種類のもみじ饅頭のうち1個選びます。
                      受付 御幣 ¥1000

                      去年の 大願寺 柴灯護摩法要はこちら≫
                      厳島大仏不動明王様へ

                      景品をいただいて大願寺へもどり不動堂のちかくで見ていました。
                      まずはお不動様へお参りしてお経をあげ真言を唱えておられました。

                      不動明王様はいつも身近で私たちを護るため、大日如来が姿を変えて
                      現われたのがお不動様と言われています。
                      お不動様は信ずる人の心の内に住み、その人を護り、ご利益を下さいます。
                      お不動さまを動物で現すと竜、物ならば両刃の剣、色ならば金または青黒。

                      お不動さまが右手に持っている剣を利剣といいます。
                      正しい仏教の智慧で、迷いや邪悪な心を断ち切りることを現します。
                      左手の綱は羂索といい、心をしばり善心をおこさせることを現します。

                      背中の炎は迦楼羅焔、カルラは毒をもつ動物を食べるという伝説上の鳥です。
                      この鳥の姿をした炎は、毒になるものを焼きつくすことを現します。

                      足下の岩は磐石といって、堅くて大きな岩です。
                      迷いのない安定した心を現し、お経では「金剛石に座し」と書かれていますから、
                      巨大なダイヤモンドに座っていることになります。

                      大勢の人が集まっています

                      今年も大勢の人が見守る中行われました。まず、山伏さんがほら貝を拭いて入場、
                      山伏代表(許可をもらいました)山伏さんの代表が火渡り神事を行う許可を
                      いただきました。本当の山伏さんか?問答をして
                      確認したようです。なんか〜かっこいい。
                      結界がはられ、素晴らしい場所であったようです。
                      ホラ貝が吹き鳴り、キリッと緊張した場です。空の酒樽に火消し用の水が用意されています

                      調べたら、水天や八大竜王など水に縁のある神様に祈るため水を使うようです。
                      なんかかっこいいまずは山伏が渡ります

                      今年は私も渡ってきました。裸足でざくっと炭を踏みしまました。
                      そしてお堂にはいり、御不動様に報告しました。

                      火渡りは心を静めて一つの事に集中し、身体から智慧の火を生じるような状態。
                      密教では、お不動様と一体となった状態で智慧の火によって
                      煩悩ぼんのうを焼き尽くすことができるから願いが叶うようです。
                      (^^)/ 大聖院 火渡り式は2011年11月15日ですよ
                      寄鍋もどき * 宮島の秋 * 14:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                      宮島ゴミゼロウォークのファミリーコース

                      0
                        2011年11月3日 宮島ゴミゼロウォークに参加しました。
                        毎年あるの知っていたんですけど、今回がはじめての参加です。
                        たしか先月は ウォンツ主催の健康をテーマにしたウォーキングがありました。
                        ゴミゼロウォーク

                        長浜神社から先に行ったことなかったからちょっと嬉しい
                        (・・? いろんな会社の前に 鹿さんがいました。
                        ゴミを見つけると・・・拾わなくちゃ。
                        杉の浦神社

                        宮島の中学校や幼稚園がこんなところにあったの知らなかった。
                        ガソリンスタンドもありました。民家もたくさんある。
                        畑もありました。多々良方面は?農家が2件くらいしかなかった。
                        折り返し地点

                        うぐいす道の紅葉もはじまったようで少し綺麗です。まだかな?っていいながら坂道を上りました。折り返し地点でサインかスタンプをもらいます。
                        それから先は自由行動で12:30〜15時頃までにゴールすればOK!
                        早くいかないと参加賞が・・・残りものに福があるのかな?

                        2010,11,25 谷ヶ原園地へ行く道(^^)/ 秋に聞かれる谷ケ原で鳴いている牡鹿の声
                        は厳島八景の一つです。
                        2010,11,25 案内板

                        紅葉の季節になるとこんなに綺麗になるところです。
                        2010年11月13日の奥紅葉谷です。来週の奥紅葉谷は・・・こうなっているのかな?
                        鹿さんが角突き合わせて縄張り争い、ペアの鹿さんもいて、恋の行方が?
                        恋の行方は?どうなったの

                        2011年11月3日の岩惣旅館のお庭 もみじ橋です。
                        もみじ橋だいぶ色づきました。
                        来週あたりが紅葉の見頃かな
                        どんな風に色づくのでしょう
                        今年はいかが・・・
                        待ち遠しいですね。






                        寄鍋もどき * 宮島の秋 * 20:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                        このページの先頭へ