スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    土蜘蛛と。。。。勝負!

    2
    土蜘蛛です

    ここは?大和の国葛城山の土蜘蛛の住処です。

    土蜘蛛は?深手を負いましたが逃げてきました。
    我が家で安心 超ごきげんです。

    わがまま放題!大暴れ
    土蜘蛛です。

    我が家で大暴れ

    超ご機嫌です。


    どうだ!こわいだろう

    どうだー!

    日に日に元気になっている

    来なくてもいいのに、四天王が源頼光の命令で土蜘蛛退治にやってきました。
    四天王が到着しました

    どうしよう?
    来なくてもいいのに。

    やっとここまで逃げた来たのに

    どうしよう?

    土蜘蛛は妖術を使います

    妖術!蜘蛛の糸


    土蜘蛛の妖術が破られてしまいました。出るしかない。
    妖術が破られました

    ジャンジャジャーン!土蜘蛛が住処の岩屋から出てきました。
    土蜘蛛登場


    さぁ!土蜘蛛と勝負が始まりました。激しい動き!衣装が変わる。
    怒りのエネルギーが出ています。パワー全開 大勝負です。
    土蜘蛛と勝負

    勝負の行方は・・・・土蜘蛛は見事に退治されてしまいました。

    拍手拍手寒い中!子どもたちが元気いっぱいに頑張った拍手拍手
    よかったよ。 ありがとう。感謝します。

    (・・? あれま、昨夜バッテリーの充電を忘れてしまった。電池がない。
    今年は・・・・観光協会の方に電源を教えていただき 幕の合間で充電しながら
    写真がたくさんとれなかったんです。 きっとそれでよかったのかも。

    神楽を演じてくれた子どもたちは アマチュアカメラマンのモデルになって
    たくさんの写真をとらせてくれていました。みんなありがとう。拍手



    JUGEMテーマ:宮島に行こう


    寄鍋もどき * 宮島の行事 * 08:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    宮島の牡蠣祭り すごい!本格的な宮島太鼓

    0
      宮島の牡蠣まつりをもりあげる・・・(^O^)/ 宮島太鼓。

      宮島太鼓は昭和55年に宮島町商工会で和太鼓の導入が採択され、
      山梨県甲府市無形文化財保持者の天野宣先生に作曲・指導をお願いし
      発足して次世代に伝承する宮島の新しい文化です。
      平成12年より宮島小学校総合学習に太鼓が導入されています。
      ジュニアチームありがとうございました

      特に広島では太鼓を習うと礼儀正しいよい子に育つと言われることも多いようです。

      宮島太鼓3

      (^O^)/ それでは本格的な宮島太鼓をご紹介します。
      音が伝えられないのがちょっと残念ですが、誰か?の動画でお楽しみください。
      宮島太鼓1 宮島太鼓2

      宮島太鼓の演奏には宮島のおしゃもじを使った演奏もあり とっても楽しい。
      宮島太鼓4
      宮島太鼓6
      宮島太鼓5

      宮島太鼓7

      わーっ!すごい。大きな太鼓の上に乗ってしまいました。
      宮島太鼓8

      とっても綺麗な 紙吹雪が風に舞いました。本格的な太鼓演奏です。
      宮島太鼓9

      宮島太鼓10

      わーっ!力感じるすごい!パワー!神の島の熱いパワーをもらった気分です。

      宮島太鼓11

      気合の入った名演奏です。スカッとした気持ちです。

      宮島太鼓12


      拍手拍手拍手本格的な 名演奏です。いいもの見せていただきました。拍手拍手

      ありがとうございました。牡蠣まつりに行ってよかった。

      JUGEMテーマ:宮島に行こう


      寄鍋もどき * 宮島の行事 * 13:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      宮島牡蠣まつり <スタンプラリーへGO>

      0
        2012年2月11日 スタンプラリーの用紙をもらいGO
        受付では清盛祭りのPR隊が チラシを配っていました。
        清盛まつりのPR観光PR チラシを配ります

        神楽見たかったんですけど、お酒をもらって上機嫌になりGO!GO.
        じっとしていたくなかったんです。とりあえず出発しました。
        さるまわし
        大願寺です
        猿まわしが
        ありました。

        (゜.゜) なんか?このあたりから多くの人がいるような お目当ては水族館。
        宮島水族館では 牡蠣祭りの特別イベント「牡蠣うち体験」がありました。
        塗り絵牡蠣うち体験

        民俗資料館の前でスタンプを押し大聖院へ途中、鹿に遭遇しました。
        鹿大聖院のえんま様
        大書院の
        閻魔様は
        新しい。


        牡蠣祭りの会場にもどりスタンプラリーの景品をもらいました。
        宮島牡蠣祭り
        スタンプ押しましたスタンプラリーの景品

        スタンプラリー 今回の牡蠣祭り2日間で3回まわりました。

        さて、お腹が空いたところで行列に並びました。どこも1時間くらい並ぶようです。
        牡蠣の土手鍋¥100 かき卵汁¥100(かき醤油の試供品付き)
        お好み焼きは野菜のみ(牡蠣2個入り)¥200 3か所で焼いていました。
        並びました
        かき卵汁土手鍋

        土手鍋は大人気!鍋の底の方だったので牡蠣が5個位入っていました。ラッキー!
        お好み焼き地元の子供が大活躍


        しっかり食べて、ゴミステーションへ 地元の子供に分別の仕方を教わりました。
        清盛ゆかりの?ステージでは歌と舞いが披露されました。
        舞台2ステージです
        舞台

        ステージの締めは 吉和神楽団の八岐大蛇です。大盛況でした。楽しかった。
        吉和神楽団:八岐大蛇

        JUGEMテーマ:宮島に行こう


        寄鍋もどき * 宮島の行事 * 20:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        第 28 回宮島牡蛎まつりに行きました<初日 2月11日> 

        0
          2012年2月11日 第28回宮島牡蠣まつりに行きました。 到着したのは9:40頃です。
          大鳥居朝早いせいか?
          フェリーはそんなに混んでいなかった。

          桟橋に到着したら・・・すごい人。
          厳島神社にまずはお参りに行く人も多くて
           厳島神社入口の受付にも行列ができていたそうです。


          宮島桟橋に到着して・・・すでに行列ができていました。まず、受付へ行きました。
          ステージのプログラムや会場案内図がもらえます。スタンプラリーの用紙は?
          午前10時から配布開始するそうです。また来るように案内されました。
          行列ができているスタンプラリーは10時から

          すぐに売り切れそうなものを物色して購入しなければ・・・(^_-)-☆
          行列を無視して お店を見て回りました。たくさんあります。
          宮島桟橋で子供が『牡蠣のせいろ蒸し』の呼び込みをしていました。
           牡蠣祭りですもの、絶対に食べておきたいですよね。押えます。(^_-)-☆
          空いている?アツアツを運んでします
          牡蠣のせいろ蒸し

          今日も寒い、アツアツは嬉しいですよね。行列も短いし・・・。
          何個でもいけそうなんですけど、少しずつみんな食べたいから。
          せいろ蒸しポン酢をかける
          牡蠣のせいろ蒸しです
          多くの人が
          並んで
          いました。


          牡蠣1個牡蠣2個

          小さい牡蠣だったから?1皿に3個入っていました。なんかラッキー!
          一皿2個で¥200って書いてあったのに3個入ってる。
          テーブルでポン酢またはレモン汁をかけて 楊枝でいただきます。
          プリプリのあつあつの蒸し牡蠣はおいしかったです。
           食べ終わって殻をごみ箱に入れ歩くと?行列は非常に長くなっていました。
          早めに押えて正解でしたみんな食べたいですよね。大きな牡蠣殻に入っているし。
          鏡開き金アナゴどうぞ

          鏡開きが行われました。何を買おうか?金アナゴって食べたことないから、
          金あなご飯¥300に金あなご焼き¥300を半分に切って乗せてもらいました。
          三つ葉とゆずを掛けてくださいました。¥600払いました。あつあつです。
          水あめ 無料です
          水あめ(無料)をもらってうろうろしていたら?
          岩国寿司
          岩国のPR隊が配っていたので
          配布パンフをいただきました。
          中におせんべいが入っていました。 岩国寿司¥200販売もありました。毎年、午前中で売り切れます。

          羅臼昆布PR昆布です

          ステージで世界遺産知床のPRがあったようです。昆布を配り始めました。
          ラッキー!迷わず並びました。大きな羅臼昆布を1枚いただきました。すっこい!
          嬉しい。  鏡開きのお酒は、11時にはなくなりました。


          JUGEMテーマ:宮島に行こう


          寄鍋もどき * 宮島の行事 * 21:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          大元神社のお弓字神事と直会

          0
            平成24年1月20日 宮島の大元神社で百手祭が行われました。
            (^0_0^) みんなが楽しみにしていた 御弓神事です。いよいよはじまる緊張の時。
            いよいよです緊張の時間
            お弓神事

            お弓神事
            きっと練習されたのでしょう。

            的にあたった瞬間!
            大きな音が響きました。
            「ドスン」当った!

            そして・・・
            的を見に行きました。
            確かに穴があいている。

            的は・・・
            いつか当って穴があいた所は?
            修理されていた。
            しっかり観察してきました。
            ここを狙います

            的の裏に”鬼”(上の点がない)という字が描いてありました。
            的の裏は・・・

            放たれた矢は係りの人が回収し、福引きの当選者が持ち帰ります。
            お弓神事のあと 玉ぐしを御供えし、雅楽が奏上され・・・ 
            参列者は御祓いを受け御神酒をいただきました。

             (・・? 御神酒とは本来神様にお供えしたお下がりのお酒を指します。
            神様に物をお供えして お参りをすると、神様の霊力がそのお供え物に宿ります。
            お酒をお供えしてお祭りをすれ ば、霊力の宿ったお酒、御神酒になるのです。

            大元神社御祓い御神酒をどうぞ

            御神酒が振舞われたあと・・・福引で当れば本日、放たれた矢がいただけます。
            そして滝町町内会の方が引いた番号と同じなら 直会に参加できます。
            3組(6名)ですが一人参加の方もおられますので席は6席ありました。
            福引き当りいただきました

            たまたまなんですが、§^◇^§「一人でこられた方いらっしゃいませんか」
            (^O^)/「私は一人できました」手をあげたら・・・どうぞ!
            私は直会でお食事を頂ける券を譲りうけたのです。ラッキー!
            大元神社に靴を抜いて上がり 座布団が敷いてある席に座りました。御膳がありました。
            左を見ると・・・神官さんがお食事をされておられます。

            神官さんと同席神官さんのお食事席の前には・・・

            祭典の後、神官と奉仕した滝町の参列者で直会が行われます。直会で出される料理を
            「餝飯(ほうはん)」といい、戦国時代の野戦食といわれています。
            餝飯出汁をかけていただきました神饌(餝飯)
            お湯飲みに御神酒をいただき、
            ご飯に半紙の中の青のりをかけ、
            たくあん・大豆をのせます。
            そして御茶碗を手に持って
            だし汁を入れていただきました。

            なますにナマコが入っていた。
            煮しめは大きく大胆な感じ、
            大豆は豆まきの豆を思い出す、
            御正月と節分を合わせたみたい。神饌もどうぞ!(二人に一つ)

            ご飯に、大豆を炒って水に浸して膨らませたものと、沢庵を細く拍子木切にしたものと青海苔を焙って粉にしたものをのせ、昆布といりこでとっただし汁をかけていただきます。
            切り方
            「なます」と「煮しめ」はとても素朴な味です。
            それぞれの具材の「切り方」や「大きさ」は決められており、
            神社前のテーブルに餝飯とともに展示してありました。

            なます:にんじん・大根・ナマコ・いりこ
            煮しめ:かまぼこ・昆布・こんにゃく・大根・人参・ごぼう・焼き豆腐
            *大根は大きく軟らかく面取りしてないから煮崩れ?上手だとおもいました
            人参は金時ニンジンで少し甘い味が付いています。豆腐は大きいと思いました。

            (^−^)いわゆるブッタ切り料理、それでもインスタント食品慣れの私には
            薄味で体にスーッと吸収されて、健康になりそうな 体が喜ぶ料理に思えました。
            神様にお招きをうけ いただいたお料理、有難くて感謝でいっぱいになりました。
            夜の宮島


            JUGEMテーマ:宮島に行こう


            寄鍋もどき * 宮島の行事 * 10:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            宮島のとんど祭り

            0
              宮島のとんど祭りに行ってきました。(行ったのは8時ごろでした)

              宮島では 毎年1月14日 厳島神社前と 長浜神社前でとんどが 行われます。
              まずは、長浜神社前に行ってみました。鳥居に貼り紙がありました。
              1月14日とんど(古札焼却式)
              本年は午前7時頃から 午前9時頃までです。 長浜神社

              なお 厳島神社沖では 午前6時30分頃から9時30分頃まで行われます。
              長浜神社のとんど
              とんどの火



              これが、宮島のとんどです。
              私の住む地域では竹をたくさん使って櫓みたいにしますけど
              宮島は?竹がないからですかね、独特なスタイルです。
              さて、厳島神社へ大急ぎで移動しましょう。急げ!
              朝の大鳥居

              朝の光に輝く大鳥居が綺麗です。引潮になっていますね。
              とんどの様子
              運んで来ました燃やしています。

              御笠浜の階段を下りてとんどのところに行きました。
              次々にお正月飾りが届き、火の中に投げ入れられて 燃えてゆきます。

               宮島のとんどは、干潮で現れる砂州で行われるので
              始まる時間は その年によって違うそうです。
              お飾りや 松明を持って 厳島神社前のとんどの火に あたると
              その年は病気をしない無病息災商売繁盛の御利益があると言われています。
               
              とんどの火にあたるとんどの火

              とんどは 厳島神社の前 大鳥居の見える砂地で行われていました。
              神社の前でとんど

              今年は朝6時30分からはじまったようです。真っ暗ですよね。
              行くつもりが・・・寒くて暗くて 朝!起きれませんでした。

              全部燃やす 最後は水をかける

              厳島神社の方にうかがったところ、灰になるまで燃やして、
              水をかけて消火し、産業廃棄物として運んで処分するそうです。
               
                 *そのまま海に流すのではありません。

              次々とお正月飾りや松明が届き・・・火の中に入れられました。
              しっかりありがたい とんどの火にあたって来ました。いい年になりそうです。
              とんどの風景
              神社〜見た 


              JUGEMテーマ:宮島に行こう


              寄鍋もどき * 宮島の行事 * 21:08 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              宮島の節分 行ってみたい

              0
                立春の前夜、「福は内、鬼は外」と、豆まきの声が聞こえます。
                古くは節分を境目として旧年と新年は分けられていました。

                豆まきの行事は、本来は「追儺(ついな)」とか「鬼やらい」と呼ばれ、
                中国から伝わってきたものです。

                疫鬼(えきき)疫病神を追い払うための儀式で、宮中で行なわれていました。
                豆は「魔滅」(まめ)に通じるからだと言う説があります。
                「魔目」(まめ)に通じるから豆で鬼の目をつぶすとも言います。

                (・・? 鬼とは諸仏の事で、人間の欲の目で見ると・・・?
                仏さまが鬼に見えてしまうそうです。
                赤鬼・青鬼などは、人間の姿?らしいですね。

                宮島の節分は、「たわらぐい」という名の棘が沢山ついた木(タラノキ)を
                20センチくらいの長さに伐り、ヒイラギの小枝を巻き付けます。
                それを細縄で玄関・門口に下げて【邪気払い】

                ☆ 節分の豆は七輪に炭を熾し焙烙でシキビの葉と一緒に煎ります。

                大豆の香ばしさに加えてシキビから・・・?
                心地よく気持ちが穏やかになるような香りがしてきます。

                煎り豆は決まって夕暮れに枡に入れて神棚に供えた後、
                暗くなってから暗い部屋で大きな声で「鬼は〜外、福は〜内」豆まきです。

                そのあとで拾い集めた豆を数え年ほど半紙で包みます。
                (包みに小銭を入れる人もいるそうです。)
                そして…表参道の【四辻】に行き 縦横、道が交差する真ん中に立って、
                厄除けの包みで体のあちこちを擦でてから後ろ向きに豆の包みを放り投げます。

                「絶対振り返ってはダメ」なのだそうです。
                振り返ると「福」を呼び込むことが出来ないのです。
                後ろ向きに豆を投げて無言で立ち去る風習です。

                この一年、きっと健康に過ごせるでしょう


                節分の豆まき

                (^○^) 宮島の大聖院 開運福豆まき 開催日:2月3日
                宮島の大聖院で豆まきが毎年行われます。
                厄除開運の大般若転読 法要 午前11時、 宮島太鼓奉納 午後12時30分、
                福男福女による福豆や福餅まき 午後1時.
                大勢の参拝者(昨年は3000人)で賑わいます。
                ★大聖院の境内では、「福そば」が振舞われます。

                聞いた話だと・・・→福豆、紅白のお餅、もみじ饅頭などが撒かれ、
                福豆の袋の中には、運がよければ福引券が入っていて
                記念品や縁起物、協賛しているお店の商品などと交換することが出来るそうです。
                玄関に飾ります

                <御参考>住吉神社では、2月3日14:00よりなんと鰯1000匹の頭を焼いて
                平安時代の節分祭 「焼嗅がし神事」を執り行っています。
                当日は、赤鬼・疫病神・貧乏神・世間を騒がせた人々などが次々と登場する。
                巫女さんが鰯1000匹の頭を焼きその臭いをたたみ一畳分の大うちわであおぎ、
                厄祓いをする大変ユニークでお珍しい神事なんです。
                神事終了後、鰯の頭をヒイラギの枝に刺して参拝に配られるんですよ。
                http://www.sumiyoshijinja.net/setsubun.html

                大願寺は 2月3日の19時(夜7時から)どんな節分?されるのでしょうか?
                大願寺は?
                大願寺

                2月5日は大聖院で今年はじめての年女・年男による子供豆まきがあります。
                十三参り子供豆まき 午前11時からです。


                JUGEMテーマ:宮島に行こう


                寄鍋もどき * 宮島の行事 * 01:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                厳島のお宝 平家納経

                0
                  ひろしま 清盛平家納経の写真

                  平家納経が、厳島神社に奉納されたのは
                  長寛二年(1164)九月のことです。
                  この動機は、平清盛が書いた納入の願文が詳しく伝えているようです。

                  平維盛は、その舞姿を
                  「光源氏のためしも思ひ出でらるる」
                  と評された光源氏ならぬ光平家だった。
                  維盛は繊細で優しい人だけれども、
                  武将には向いていないタイプでした。
                  平維盛の熊野詣



                  厳島大明神は、古来景勝の霊地に祀られ、霊験は顕著である。
                  清盛は、この神を欽仰し利生をうることによって、久しく家門の福縁をたもち、
                  子弟の栄達を実現した。

                  今生の望みはかなえられ、来世の善報も疑いない。
                  厳島神社は観世音菩薩の化現とされる。在家の身であるが、ここに報賽を思いたち、妙法蓮華経一部二十八品、無量義経、観普賢経、阿弥陀経、般若心経、各一巻を書写し、金銅箱におさめて宝殿に安置することにした。

                  平家納経は結縁のために平家一族が丹精こめて荘厳した結縁一品経。
                  法華経普門品に説かれたように、本地である観世音菩薩三十三応身にちなみ、
                  右の三十二巻に願文一巻を加えて三十三巻を一具としたようです。
                  清盛の厳島に対する信仰は、すでに久安二年に安芸守に任ぜられた頃から、
                  彼を筆頭とする一門の信仰は次第に高揚され、ついにはこの長寛納経となった。
                  厳島神社入口厳島神社回廊


                  浄土教思想の発展ともあいまって、平家納経にみられる多彩な荘厳性には、
                  平安末期の欄熟した美意識がひそめられることになりました。
                  金銀の箔や泥をふんだんに用いた諸手法による料紙の美しさ、
                  各種の装飾金具も用いられ、各巻の意匠はそれぞれの特色を発揮している。
                  厳島神社 本殿

                  清盛は法師功徳品、阿弥陀経を受け持つにすぎなかったそうです。
                  法華経を書写した装飾経が最も盛んに作られたのは藤原道長の時代。
                  その主導者となったのは貴族や後宮の女房達で、救いを求める気持ちから
                  法華経二十八品を各自が一品ずつ受け持って書写したそうです。
                  平家納経が見られる

                  厳島神社宝物名品展 (^^)/
                  今だけ本物 が自分の目で見れる ¥1000
                  ”嚴島神社 秋の名品展” 10月22日(土)〜11月23日(祝)

                  平家納経の見返し絵は経文の内容を表したものが多く
                  「経意絵(きょういえ)」と呼ばれたそうです。
                  濃厚できらびやかな大和絵的な絵図で、経意をあからさまに
                  訴えることもなく法華経を受持、読誦すれば、功徳をうるという
                  経意を絵図化したもののようですよ。

                  本物を見るだけでも功徳があるかもしれません。



                  寄鍋もどき * 宮島の行事 * 20:47 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

                  犬の日のお一日参り

                  0

                    2011年11月1日 1が5個もついているわんわんわん・・・犬の日に
                    宮島にお一日参りに行ってみました。
                    厳島神社

                    厳島神社にお参りをして、神官さんに聞きました。
                    朝、何時から開いているのですか?6時30分からだそうです。
                    お一日参りのお参りをさせていただきました。
                    厳島神社から見た大鳥居

                    今日はいい天気です。今年は何故か土曜日や日曜日に雨が降る。
                    宮島に行く時は晴れた日が多くていつも写真を撮ると青空だったのに
                    今年は?曇りや雨の日も多かったんですよ。
                    大願寺龍神様

                    大願寺に行き、龍神様にもお参りしました。
                    (・・? お堂の扉があいている。信者さんがお参りされたのでしょう。
                    弁天様の前でお経をあげている御夫婦がいらっしゃいました。
                    毎朝、来られてお経を読まれているそうです。


                    坂本菓舗お一日参りの信者さん用に
                    朝 早くもみじ饅頭屋さんは開いている
                    と聞いたので本当かな?
                    ちょっと様子を見に行きました。

                    五重塔の階段を下りるともみじ饅頭の
                    いいにおいがしてきます。

                    朝から常連客が来られて
                    一人で100個買っていかれるとか

                    ホントだ開いてる。
                    ここは坂本菓舗さん
                    秋はモンブランもみじ饅頭が
                    春は桜そして夏は抹茶の
                    もみじ饅頭があるお店です。

                    老舗の藤い屋さんもオープンしていました。
                    藤い屋

                    宮島桟橋前そして・・・
                    宮島桟橋ではテントがあって
                    新鮮なお野菜や漬物がある。
                    毎月1日はここで販売しているそうです。
                    (1月1日はお休みされるそうですよ)

                    寄鍋もどき * 宮島の行事 * 19:13 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    宮島管弦祭 予習をしよう

                    0

                       

                      (^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿




                      たぬきたぬきをクリック(^_-) 
                      田利の“こだわり米”

                      りんご線


                      (^O^)/ 宮島管弦祭について勉強しよう読書
                      キヨモリ”通信 From ひろしまより御案内
                      平成24年のNHK大河ドラマ「平清盛」に関するニュース案内です。
                      http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/

                      管弦祭

                      読書宮島管弦祭 
                      平清盛 が都の「管弦遊び」を宮島で行ったのが由来のようです。
                      都では管弦遊びを苑池や河川で行ったようですが、
                      宮島では厳島大神を海で慰め奉るために行いました。
                      当時は管弦奏者も多く宋との貿易船を使い、接岸するためには?
                      大潮・満月に近い月が昇る!絶好の条件を選んだようです。

                      厳島(宮島)は、神の鎮座する島。
                      宮島=神様と考えられ、人は住んで居なかった。
                      神社の神職さんも祭典の時は、船で往復していたそうです。

                      風波の時は航海が困難です。
                      ならば対岸に御神殿を建て祭典を行った。・・・地御前神社です。
                      *昔の御座船は、地御前神社を出発して宮島を渡航し、
                      御本社や摂社前で管弦を奏でたそうです。

                      鎌倉時代中期から、宮島に人が住むようになりました。
                      御座船は宮島を出発して、地御前神社へ向かい〜
                      宮島に還るようになったそうです。

                      読書 もっと詳しく知りたい方へ 参考資料はこちら≫
                      http://www.miyajima.or.jp/event/event_kangen.html
                       宮島管弦祭   宮島はつかいちガイド

                      雅楽の楽器、倭琴という楽器が管弦祭で使われます。
                      和琴(わごん)数ある雅楽器の中でも、唯一、日本起源の楽器です。
                      古来より「天皇の楽器」と呼ばれるほど楽器としての地位も高く、
                      国風歌舞と呼ばれる古来からの純日本歌曲にしか使用されません。
                      http://www.geocities.jp/hide_h15/gagakujoo.htm

                      管弦祭の前には・・・
                      1、御洲掘:地域の人(労働奉仕)により行われています。
                      大鳥居内(御池)の御座船が通る道筋を鋤・鍬で浚渫します。
                      *神社から榊が授与され、小枝を田の畔に立てると害虫除けになるそうです。

                      2、御船組:町内居住の大工により行われています。
                      初めは大きな船を使っていたそうですが、
                      徳川時代に外航船の建造が衰えて小形船になったようです。
                      現在も三隻(鳥居を潜るので三隻以上は無理)を舫って使っています。
                       個人で新造船を奉納した人もいらしたようですが、
                      造船界の不況により初め三隻だったのが一隻だけになり、
                      組織を作って三隻を寄進することにしたようです。
                      そして、船は寄進者に返されることになったとか。
                       現在は和船がめずらしい経済的に難しい時代です。
                      昭和37年頃より、神社自体で管弦祭専用の和船を持つことになったそうです。

                      早朝、上げ潮で船が浮上するのを待って、
                      御用大工が棟梁となり、町内居住の大工で三隻の和船を舫う作業をし、
                      午前中に屋形を組み立て飾り付けを完了させ、
                      火焼前に臨時桟橋を架けたりしているそうです。
                      漕船

                      3、漕ぎ船 午前の潮に乗って阿賀(呉市)の漕ぎ船が着船します。
                      御座船が地御前から長浜に還る途中に暴風雨に・・・
                      阿賀の鯛網船が急遽赴いたのだそうです。さらに江波の伝馬船が救援!
                      遭難事故以来、江波・阿賀から漕ぎ船を奉仕することになったそうです。
                       阿賀の漕ぎ船は、鯛網船であったため魯を用い、
                      江波は伝馬船であったから、14挺の櫂を備えた船なのだそうです。
                      大鳥居


                      今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


                      (^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&

                      毎度(^○^)ありがとうごさいます

                       (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 

                       いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

                      メイドさん

                       

                       
                      たぬき(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
                      田利の“こだわり米”



                      (^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

                      寄鍋もどき * 宮島の行事 * 14:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ